2014年04月19日

座間セットリスト

3月22日の座間ライブのセットリストです。

Change in me
Easy as pie
Somebody to be near
That's why I love you
Little devil
Step at a time
Broken soul
Beat him up
You always make me feel Rock'n'roll
Jonny B.Goode

音源をSoundCloudにアップしました。
https://soundcloud.com/mr-right-music

↓その中から久しぶりのBeat him up
https://soundcloud.com/mr-right-music/beat201403-wav
ラベル:ライブ
posted by Mr.Right at 10:46| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

目指せエフェクト使いPart2

donchuです。
先日リハがあったのでME-50Bを取り敢えず持って行った。
でも各つまみの意味も理解しないままだったのでロクな音じゃなかった。

その後、またネットで調べる。エフェクターの話が深くなると理科の勉強になるので頭が痛い。
ざっと把握して、あとは実践。
家で作ってみたけど、小さな音やヘッドホンではたぶん違うのだろう。
スタジオ一人で入るか。
なんだかリッチーみたいだな。
ラベル:ベース
posted by Mr.Right at 06:10| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

目指せエフェクト使いPart1

image.jpg
donchuです。
ベースの練習もサボり気味なこの頃。
ですが、
beat him upが久々にセットリストに加わるようになったことからエフェクターに注目するようになりました。
具体的にはプリアンプとコンプレッサー。
ベーシストにとっては基本中の基本(らしい)。
ネットで調べてアレコレ特長が分かったのですが、如何せん自分の中に基準がない。店頭で試したって初めてだからきっと良し悪しの判断つかないでしょう。

とにかくひとつゲットして使ってみないことには分からないなーと思っていたところ、我が家にもエフェクターがあることを思い出した。

Mr.Rightに加入してしばらくした頃に買ったマルチエフェクターME-50Bがあるではないか!
これ、いろんな機能を追究することなく、長らくタンスの肥やしになっていたもの。

プリアンプ機能はないものの有名プリアンプのシミュレートはあるし、まずはこれを弄って好みを追い求めてみよう。

ラベル:ベース
posted by Mr.Right at 23:47| Comment(2) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

ブログ引越し

Donchuです。

これまで使っていたLOVELOGのサービスが終了となることから、こちらのSeesaaブログに移転いたしました。

ただいまブログ開店休業中ではありますが、今後はこちらへのアクセスをお願いいたします。
http://mr-right1994.seesaa.net


posted by Mr.Right at 20:41| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

今夜はライブです

本日座間でライブです。
たっぷり一時間やります。お時間のある方は是非!

3月22日(土) Mr.Rightは20:30頃〜
ACE CAFE ZAMA
座間市広野台1-4-1
小田急相模原駅、相武台前駅から徒歩15分
相武台前駅からバスもあります。
www.acecafe-zama.com


posted by Mr.Right at 10:11| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

次回のライブ予定

Donchuです。

Mr.Rightの次のライブが決定しました。
昨年お世話になったACE CAFE ZAMAさんでまたやります。
今回はオリジナル祭りかも。

2014/3/22(SAT)
ACE CAFE ZAMA(座間)
19:00 OPEN
20:00 START

詳細は未定です。
よろしくお願いします。

RIMG2204.JPG
posted by Mr.Right at 22:57| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロー!プロジェクトの現在2

Donchuです。

<℃-ute>
もともと僕はモーニング娘。の歌唱力やライブのエンターテインメント性の高さに圧倒されて好きになった訳ですが、メンバーが変わった今、ハロプロで一番の実力を備えているのが「℃-ute」(キュート)と言われています。
人気も着実に上がっていて、今やモーニング娘。の次に位置しています。

では僕がこの5人組に魅かれているのかというと実はそうでもない。
人気とは裏腹に最近の曲がどれも微妙なんです。
「歌える」メンバーが多いせいか、メロディアスな歌謡曲テイストのものが多い。それに踊れるリズムがくっついているのが中途半端感が強い原因かもしれない。
みんな揃って可愛いので、一般の方にはウケが良いと思いますけど、つんくプロデュースにハマってしまった僕からすると「外し」の要素がないと何か物足りないんです。

↓40代には懐かしい感じの最新曲。「心の叫びを歌にしてみた」



一方、「外し」の要素ばかりで構成されているBerryz工房。
アイドル基準を超えて縦に大きい人、アイドル基準を超えて横に大きい人、アイドル基準を超えたディーバ、言わずと知れた「ももち」等々濃すぎる人たちばかり。
メンバー間の歌唱レベルに差があるのに、全員に歌割りがあるのでクオリティという面では点数が下がってしまう。
でもそういうのが気にならないコミカルな曲が多くてとにかく楽しい。
このバラバラ感や何でもやる感がある意味ハロプロの本流だと思う。

↓ロボットのような平坦なメロディが押し寄せた後にやってくる「いーちおーくさんぜんまーん」をディーバ菅谷さんが真面目に歌いきるところがなんとも素敵な「1億3千万総ダイエット王国」


↓曲としてはこちらの方が好きです。「大人なのよ」


つづく

posted by Mr.Right at 22:48| Comment(1) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

仲良し

Mr.Rightでは問題発言担当のわかです、こんにちは。

今年はMr.Right20周年ということで、何かしらいいことがないか考えているんですが、このバンドが20年も続いて来られた理由もよく分かります。
ある宴会の席でリーダーJJが仰ってたんですが「うちのバンドはみんな仲がいいからね」。
その通りなんですが、なかなかこういうことをストレートにしかもメンバーを前にして言えるって、よく考えたらすごいことじゃないかなって思うんです。
もちろん、私もメンバー皆さん大好きです。ライブを見に来て応援してくれるお客さんも好きですが、やっぱりこのメンバーが一番大好きです。

さて、先日私が20周年記念で何か面白いことできないかと思案してました。
去年は秩父にて合宿をやりまして、演奏自体もまとまったんですが、それ以上にやっぱりメンバーの結束力が上がったと思います。
同じ釜の飯(というかバーベキュー)を食べ、一緒に温泉に入り、まくら投げや恋バナこそしなかったものの、翌朝はみんな早起きで散歩したりして、童心に帰って(?)素敵な時間を共有しました。

今年はもうちょっと何か変わったことをしたいなぁと思い、無茶を承知でよく酒の席のネタに挙がる「アメリカ遠征ツアー」を提案してみました。
実際、私の友人のアメリカ人に実現できるかどうか打診し、現地ライブハウへのコンタクトまで取り次いでくれるという話までまとまりました。
実際には、諸々の事情で今年は見送りになりましたが、別の形で何かやりたいですね。
自分で言っておきながらナンですが、一蹴されると思ってたこんな突拍子もないことも、ちゃんと真剣に考えてくれるメンバーってなかなかいないですよね。

人様に見せるために上手に演奏することは大事なことですし、そういう気持ちは忘れずにこれからもやっていきたいですが、もっと大事なことはメンバーの信頼関係とか、「みんなでひとつのことを楽しむ」ことだと思います。
それが長く続ける秘訣というか、バンドで一番大切なことだと最近改めて思います。

Mr.Rightの中では一番歴も浅く若輩者で、これから先いつまで一緒に夢を見させてもらえるか(いつクビになるか?)分かりませんが、1日でも1時間でも長くこのメンバーと楽しい時間を過ごしていきたいと思う私でした。
この場を借りて改めて私をこのバンドに迎えて下さったメンバー皆さんに感謝します!

そしてこれからも仲良しバンド、Mr.Rightをよろしくお願いします。

わか
posted by Mr.Right at 08:48| Comment(4) | Waka (Drums) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

スネア

Donchuが真面目にハロプロネタを書き出したので、間に挟むようにまた音楽の話を書きます。
と言っても、私が書けるのはドラムのことくらいなんで、やっぱり興味ない人も多いかも知れませんがドラムネタです。

タイトルにある通り、スネアのことです。
スネアドラムというのはいわゆるバックビートを出す音で、4拍リズムだと主に2拍目と4拍目に「タン」と鳴ってるあの音のドラムです。
ズン・タン・ズン・タンのタンです。
関係ないですけど、仙台と言えばずんだ餅と牛タンですね。

さて、時は遡り私が初めてドラムを触った高校生の頃、文化祭でライブをやったときに現国の非常勤の先生が見に来てくれました。
そして、「全体的にイイね。スネアの音がちょっと物足りないけど」と感想をもらいました。
それから、私の課題はスネアの音量でした。
どうやったら迫力のあるバックビートを出せるか?

高校を卒業して、スネアドラムを買いました。
今でも覚えていますが、楽器屋さんで店員さんに「一番音が鳴るスネア下さい」って言いました。
値段も気にせず買ったのが今でも使ってるPerlの名器「Zメイプル」です。
よく高校卒業したてでこんなスネア買えたなぁ、と今思うと不思議ですが、それくらい当時は必死だったんだと思います。

さて、ウハウハで買ってきたものの、いざ演奏してみたら思ってたほど音が出ません。
その当時はすっかり店員さんにダマされたと思っていました。
それからいろんなスネアを叩きました。
スチール系のカンカンしたスネアや、浅胴のピッコロスネア・・・ですがどれもしっくり来ません。
特に浅胴のスネアは叩けど叩けど詰まったような音になるばかり。
力任せに叩いてみたりもしましたが、ダメでした。
半ば諦めかけていたあるとき、どうせ出ないならどんなスネアでもいいやって思って引っ張り出してきたZメイプル。

「!」
あれ?初めて触ったときと全然印象が違います。
青天井のように、出そうとすればするほど音が出る!
とてつもないポテンシャルを秘めたスネアだということに、そのとき初めて気付いたのです。

要は、そもそもちゃんと「鳴らす」技量がなかった自分が、経験を経て、Zメイプル自体もいい具合に乾いてベストなタイミングで再会したっていう感じです。

例えるなら、昔憧れで付き合ったけど不釣り合いを感じて別れてしまった恋人に数年後に再会してお互い(主に自分が)大人になっていて、最高のパートナーに巡り合ったような感覚です。
どうですか!?素晴らしき音楽の世界!ハァハァ・・・。

・・・ちょっと落ち着きます。

さて、再会してからというものの、いつでも私の望む音をちゃんと表現してくれるZメイプルちゃんですが、実はもうメーカー絶版になっていて当時のパーツはもう残っていないそうです。
シリーズとしてはリニューアルさてたりしてるんですが、現行パーツが使えません。
ということは、壊れてしまったらそれまでで、もう同じ形に修理ができないんです。

それを知ってからというもの、どちらが先にくたばるか、添い遂げる思いで愛用しています。
フープをウッドフープに交換し、スナッピーも派手さがない落ち着いたサウンドにしました。
大好きなのは60年代〜70年代のロックにある骨太な存在感のあるバックビートです。

そんなサウンドを作り出せるように、一音一音確かめるように音と会話しながら、いつかどちらから鳴らせなくなる日が来るまで付き合っていきます。

楽器との出会いは、生涯のパートナーを探す旅のようなものです。
続けていればいつか等身大の自分を表現できる相棒に巡り会います。

これからも一音一音を大切に、音を出し続けて行きたいです。

わか
posted by Mr.Right at 14:23| Comment(0) | Waka (Drums) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ハロー!プロジェクトの現在

Donchuです。

次回ライブの予定もチラホラ話題になって来ているこのごろ。
わかちゃんも真面目に投稿しくれたところではありますが!!

久しぶりにハロプロネタを行きます。

モーニング娘。が再ブレイク中という話、皆さんの耳には届いていますでしょうか。
僕がハロプロヲタということが認知されたせいもあるでしょうけど、最近はモーニング娘。の話題を振ってくれる方が増えたこと。
嬉しいですねえ。

でもハロプロはモーニング娘。だけじゃありません。
他にも4グループありますが、どれも魅力的なので、ここで紹介します。

Juice=Juice
昨年デビューした、一番新しいグループ。
ハロプロのどのグループもそうですが、デビュー後の楽曲は名曲が多い。
Juice=Juiceも例外ではなく、
ハロプロサウンドの本流であるファンキーなディスコ系ですが、大人っぽさを漂わせていて、興味ない人も抵抗なく聴ける(はずです)。

↓「イジワルしないで抱きしめてよ」



スマイレージ
ハロプロ全体が好調の中、ホールツアーもできなくなり、低迷している感があるスマイレージ。
でもガチガチの可愛いアイドル系からなんちゃってプログレメタル、演歌調まで幅広く対応できる芸達者が揃うグループ。
声質がキンキンしてますが、音程やリズム感という意味ではハロプロで一番レベルが高くて安心して聴けます。
だから、実はつんくPの創作意欲を一番かき立てているのは彼女達ではないかと思うのです。
「スマイレージは曲に恵まれている」というのはファンの中で定説になっています。

↓つんくの声が印象的な「ええか!?」


つづく

posted by Mr.Right at 19:54| Comment(0) | Donchu (Bass,Chorus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。